メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスパラ収穫ロボ、佐賀市に拠点 「inaho」来年2月から 鹿島に次ぎ県内二つ目 /佐賀

協定書を手に笑顔を見せる菱木社長(右)と秀島市長

 アスパラガスの自動収穫ロボットの提供を始めたベンチャー企業の「inaho」(神奈川県鎌倉市)は、佐賀市内にロボット提供の拠点を開設することを決めた。昨年1月の鹿島市での開設に次ぎ県内で二つ目。来年2月からサービス提供を始める予定だ。【池田美欧】

 同社は農家の負担軽減のため、ビニールハウスでつくる野菜の自動収穫ロボットを開発しており、太良町での実証実験を経て今年10月に提供を始めた。ロボットは無償で農家に貸し出し、収穫高の15%を代金として受け取る仕組み。

 修理などに迅速に対応するため、提供は拠点から車で30分圏内に限っており、2022年までに九州と関東…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです