メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

暴言・無視も認めず 厚労省指針案、体罰としつけ違い明示

 各地で深刻な児童虐待事件が続く中、しつけを名目とした体罰を防ぐためのガイドラインがまとまった。厚生労働省が3日、有識者検討会に示した「体罰によらない子育て」の指針案は、しつけと体罰を区別し、親に子どもとの接し方を提示した。近年は体罰による子どもの発達への悪影響も指摘される。多くの親は、時に思うようにならない育児に悩みながら、我が子と向き合っている。【村田拓也、山寺香、大沢瑞季】

 「痛みを伴う方が理解する」「自分もそうして育てられた」。指針案は、こうした体罰を容認する考えが存在するとしつつ、「子どもの健やかな成長・発達に体罰は必要ない」と断じた。日本が1994年に批准した「子どもの権利条約」も踏まえ、「体罰は子どもの権利を侵害する」とも明記する。

この記事は有料記事です。

残り2796文字(全文3123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです