メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

暴言・無視も認めず 厚労省指針案、体罰としつけ違い明示

 各地で深刻な児童虐待事件が続く中、しつけを名目とした体罰を防ぐためのガイドラインがまとまった。厚生労働省が3日、有識者検討会に示した「体罰によらない子育て」の指針案は、しつけと体罰を区別し、親に子どもとの接し方を提示した。近年は体罰による子どもの発達への悪影響も指摘される。多くの親は、時に思うようにならない育児に悩みながら、我が子と向き合っている。【村田拓也、山寺香、大沢瑞季】

 「痛みを伴う方が理解する」「自分もそうして育てられた」。指針案は、こうした体罰を容認する考えが存在するとしつつ、「子どもの健やかな成長・発達に体罰は必要ない」と断じた。日本が1994年に批准した「子どもの権利条約」も踏まえ、「体罰は子どもの権利を侵害する」とも明記する。

この記事は有料記事です。

残り2796文字(全文3123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです