メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

天皇陛下の即位儀式を考える 憲法に沿った法令整備を=高島博之(東京社会部)

「即位礼正殿の儀」で、即位を宣言される天皇陛下と皇后雅子さま=皇居・宮殿「松の間」で2019年10月22日、代表撮影

 天皇陛下の即位に関する主要な儀式が終了した。ただ、儀式のあり方を巡っては、平成の代替わり時に引き続いて、国民主権や政教分離の原則など憲法との関係で疑義が唱えられた。儀式の妥当性について十分な議論がなかったことに加え、そもそも各儀式を実施する法令上の明確な根拠がないことが、批判を受ける大きな理由ではないか。私たちの社会が、象徴天皇制を維持していくのであれば、今後も即位儀式は繰り返される。新しい天皇の門出となる儀式に疑念が抱かれることがないよう、憲法に合わせた法令を整備する必要がある。

この記事は有料記事です。

残り1866文字(全文2110文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです