メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・ブレグジット決戦

/1 英総選挙12日投開票 労働党、崩れる地盤 地方の衰退、離脱派怒り

町の目抜き通りでは、店やオフィスが閉鎖するなどして空きスペースになっている建物が目につく=英イングランド北部ビショップオークランドで

 12日の投開票日に向け、英下院(定数650)総選挙の選挙運動が佳境に入っている。最大の争点はブレグジット=英国の欧州連合(EU)離脱。与党・保守党が安定多数を獲得して来年1月末の離脱期限までの離脱を果たすか。最大野党・労働党が政権を奪還して再度、国民投票で離脱の是非を問うのか。あるいは第1党が過半数を得られない「ハングパーラメント(宙づり議会)」となって、さらに混迷が深まるのか――。各党や有権者の動向が注目される選挙区を歩き、状況を探った。

 「ずっと労働党に投票してきた。なぜかって? ヘリテージ(遺産)さ。じいさんもおやじも皆そうしてきたから」。イングランド北部ビショップオークランド。目抜き通りそばの路上でマルコム・リチャードソンさん(53)が言った。牧草地に囲まれた人口約1万6000人の小さな町は1918年以降、30年代の4年間を除いて労働党が下院の議席を占有してきた。

この記事は有料記事です。

残り1524文字(全文1916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです