メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

スマート農業、消費行動に鍵=農業ジャーナリスト・青山浩子

 労働力不足を解決する手段として、注目されるスマート農業。生産現場に定着するかどうか、消費者も無関係ではない。

 岩手県で各種露地野菜を作るある農家は「生産工程全体でスマート農業が実現すれば省力化できるが、まだ、工程の一部にとどまっている」と話す。キャベツの場合、労力が必要な収穫の機械化が開発途上にある。開発中の収穫機を実証的に使ったところ、ロスが5~7%発生したという。生育過程で、地面に対し、斜めに育つキャベツがある。機械がそれを認知せず、地面と平行に収穫すると、斜めのまま切断され、キャベツ本体が一部傷つき、商品価値が落ちやすいからだ。

 愛知県のキャベツ農家も「収穫機は使わない」と答えた。同じ畑に同じ時期に植えたキャベツでも、個体差があり、生育のスピードが異なる。このため、農家は大きさのそろったキャベツを選んで収穫する。このきめ細かい作業を収穫機に期待できないからだ。「グラム売りが一般的である海外の小売店と違い、日本では1個売りが大半で、固定価格なので、均一な大きさが求められる。この売り方が続く限り、手作業が続く」と語る。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです