メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、国会で立法過程探る 来年から開始

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が強制された問題について、衆参両院が来年から旧法の立法過程や運用状況の調査を始める。4月成立の被害者救済法に基づく対応で、差別を繰り返さないための教育や啓発に役立てる。3日に開かれた旧法問題の超党派議員連盟と自民・公明党によるワーキングチーム(WT…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです