メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞、窪さん「トリニティ」

窪美澄さん=新潮社提供

 第36回織田作之助賞の選考会が3日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、窪美澄(くぼみすみ)さん(54)の「トリニティ」(新潮社)が選ばれた。受賞作は、1960年代に出版社で出会った女性3人の物語。若者向けの雑誌文化が華開いた時代を背景に、三者三様の生き方が交差しながら丁寧に紡がれる。第161回直木賞候補にも選ばれた。

 記者会見で、選考委員の文芸評論家、田中和生さんは「文学作品として働く女性や生き方を模索する女性の姿…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです