メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

患者100万人時代に備える 乳がん/上 予防切除、有効な場合も

遺伝性乳がんと判明した太宰牧子さん。14年に遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の当事者会「クラヴィスアルクス」を設立し、支援に乗り出した

 一生涯のうち、女性の11人に1人が発症するとされる乳がん。シリーズ「がん大国白書――患者100万人時代に備える」では、20~30代の若い女性に多いことでも知られる乳がんについて計3回取り上げる。初回は、発症を未然に防ぐための乳房の予防切除や、早期発見や治療につなげる新しい生活習慣について紹介する。

 ●リスク高い遺伝子

 「豆つぶみたいなものがあった」。乳房を自分でさわり、がんができていないか確認することを日課にしていた東京都在住の太宰牧子さん(51)は2011年ごろ、左の乳房に違和感を感じた。病院を受診すると、がんと判明。この時、姉のことがふと思い出された。姉は3年ほど前に卵巣がんで亡くなっていた。

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです