メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

多血症、処方薬の注意点=答える人・小松則夫教授(順天堂大・血液内科)

小松則夫教授 順天堂大(血液内科)

 Q 多血症、処方薬の注意点

 30歳の次女が多血症と診断され、血液をサラサラにする薬を処方されました。生理の時に大量出血してしまったのですが、どうすればよいでしょうか。(大阪府、女性、56歳)

 A 生理前に服薬中断も

 多血症は、血液に含まれる赤血球の量が多くなる病気です。赤血球そのものが増える絶対的多血症と、脱水などにより液体成分が少なくなる相対的多血症とに分かれます。

 絶対的多血症でも特に深刻なのは、血液を作る遺伝子が突然変異し、赤血球が過剰に産生される真性多血症です。10万人に1、2人程度の割合で発症し、現状では完治しません。血液の粘性が高まって頭痛や耳鳴り、皮膚の紅潮といった症状が出ますが、最も注意すべきなのは血管が詰まって血栓症が起こりやすくなることです。60歳以上で脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞など血栓症の既往歴がある人は特にリスクが高いです。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです