メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

多血症、処方薬の注意点=答える人・小松則夫教授(順天堂大・血液内科)

小松則夫教授 順天堂大(血液内科)

 Q 多血症、処方薬の注意点

 30歳の次女が多血症と診断され、血液をサラサラにする薬を処方されました。生理の時に大量出血してしまったのですが、どうすればよいでしょうか。(大阪府、女性、56歳)

 A 生理前に服薬中断も

 多血症は、血液に含まれる赤血球の量が多くなる病気です。赤血球そのものが増える絶対的多血症と、脱水などにより液体成分が少なくなる相対的多血症とに分かれます。

 絶対的多血症でも特に深刻なのは、血液を作る遺伝子が突然変異し、赤血球が過剰に産生される真性多血症で…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです