メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会保険、拒まれる労働者 負担避ける事業主側「週末働けないなら」 適用逃れ、制度に不信

千葉県の女性は会社との契約書に月間の出勤日数が実態よりも少なく書かれていた=千葉県船橋市のなのはなユニオン事務所で

 働き方の多様化に合わせ、政府は勤め人が加入する社会保険(厚生年金と健康保険)に中小企業で働く短時間労働者も広く加入させる方針だ。保険料負担が増す事業主の反対も根強いが、現状でも、保険料負担を避けたい事業主のもとで加入できない人がいる。制度見直しを求める声もある。【大和田香織】

 「店が忙しい週末や祝日に出勤できないなら、社会保険に入らずに働いてほしい」。関東地方で小学生3人を一人で育てる女性(36)は4月、勤務先の美容業の責任者からこう告げられた。今年度から国民年金と国民健康保険に切り替えざるを得なかった。

 国民年金の保険料は事業主負担がない分、厚生年金と比べて負担の割に給付は下がる傾向にある。国民健康保…

この記事は有料記事です。

残り1913文字(全文2219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです