メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 孤立の背景に社会的排除 共生できる社会を=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

 先月起きた埼玉県深谷市の母親の遺体遺棄事件、大阪市の小6女児誘拐事件の容疑者などには、ひきこもりがちなど社会に居場所や役割を得られず孤立している人が多いのではないか。そして、その背景には孤立させやすい社会があるのではないか。

 貧困はどのように生まれるのかを研究する中で「社会的排除」が見いだされた。人は経済的な理由による物質的な欠乏だけで突然に貧困状態になるわけではない。貧困の背景には、いろいろな社会関係から排除され孤立していく「関係性の貧困化」がある。

 例えば、生活が苦しくなった母子家庭では、母親が長時間の仕事に追われる。すると育児放棄までいかなくて…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1131文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです