メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「障害者職員が名簿廃棄」首相に批判

 首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿を、野党議員が資料要求した直後に内閣府が廃棄した問題で、安倍晋三首相は名簿を廃棄したのが「障害者雇用職員」だったと2日の参院本会議で明らかにした。4月の「桜を見る会」終了後、すぐに廃棄しなかった理由の一つとして挙げたが、インターネット上では「障害者と公表する必要はない」と批判が相次いでいる。

 首相は参院本会議で名簿を廃棄した経緯について「シュレッダーの空き状況や、担当である障害者雇用の短時間勤務職員の勤務時間との調整を行った結果、使用予定日が(野党議員が資料要求した)5月9日となった。野党議員からの資料要求とは全く無関係」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 槙原敬之容疑者「18年以降はやっていない」 覚醒剤所持容疑 パイプ唾液DNA一致

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです