メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲との合流論 国民、参院側で冷ややかな声「当面は衆院側の様子見だ」

大塚耕平氏

 国民民主党の大塚耕平参院会長は4日の党所属参院議員の会合で、衆院側で高まる立憲民主党との「合流論」を説明した。参院側は慎重派が多く、「当面は衆院側の様子見だ」などと冷ややかな意見が目立った。衆院側は5日、平野博文幹事長のもとで、合流に関する意見交換会を開く。

 大塚氏は衆院の若手・中堅が3日に玉木雄一郎代表に「年内合流」を訴えた経緯を述べたが、強硬な反対意見は出なかった。その後の拡大総務会では、地方議員1人から…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです