メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党ヒアリング詳報 名簿データ消去記録「これ以上、調査する考えありません」と内閣府

首相主催の「桜を見る会」について政府側を追及する野党議員ら=国会内で2019年12月4日午後3時21分、藤井達也撮影

 「桜を見る会」を巡る問題について、野党の追及本部は4日、政府側にヒアリングを行った。廃棄したと説明している招待者名簿の電子データの復元や、安倍晋三首相の妻、昭恵氏の推薦枠などについて、政府側の見解を求めた。主なやりとりは以下の通り。【江畑佳明、大村健一/統合デジタル取材センター】

業者に渡した提案依頼書の提出は「持ち帰らせてほしい」

 石垣のり子参院議員(立憲民主) シンクライアントシステム(内閣府が採用している、個々の端末ではなくサーバーにデータを保存するシステム)は、サーバーから完全に消すのが難しいというのが通常の認識だ。「最長8週間で消える」というのは、どこに書かれている決まりなのか。

 中江秀樹・内閣府サイバーセキュリティ・情報化推進室長 業者と内閣府で取り決めた運用のルールがありま…

この記事は有料記事です。

残り2749文字(全文3097文字)

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです