メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2人のCEOと1人の社長は不要に」 グーグル共同創業者退任

 米グーグルの親会社アルファベットは3日、共同創業者のラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO、46)とセルゲイ・ブリン社長(46)がそれぞれ同日付で退任すると発表した。グーグルのスンダー・ピチャイCEO(47)がアルファベットCEOを兼務する。ペイジ、ブリン両氏は取締役にとどまり経営への関与を続ける。

 ペイジ、ブリン両氏は1998年、米スタンフォード大在学中にグーグルを創業。「世界中の情報を整理し、アクセスできて使えるようにすること」…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

  3. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  4. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  5. 特集ワイド 元文科相・田中真紀子さん 秋入学、まず大学だけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです