元気100倍、外遊トランプ氏 会見3回計2時間超え パーティーにも出席

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カナダのトルドー首相との会談に際して、弁舌を振るうトランプ米大統領=ロンドンで3日、AP
カナダのトルドー首相との会談に際して、弁舌を振るうトランプ米大統領=ロンドンで3日、AP

 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議出席のためロンドン訪問中のトランプ米大統領が3日、カメラの前で3回、計2時間超におよび記者団の質問に応じた。ウクライナ疑惑を巡る自身の弾劾に話題が集中する米国内に比べて質問が多岐にわたり、政策や主張をアピールできる機会ととらえ元気になるようだ。この日は公式日程を縫って自身の大統領選に向けた選挙資金集めパーティーにも出席した。

 最近のトランプ氏の外遊では、首脳会談の前後に設定される数分のメディア撮影用時間に記者団の質問に答え続け、事実上の記者会見になることが常態化。この日は3件の会談のたび、52分▽39分▽30分――にわたり一問一答に応じ、速報し続ける各国メディアからは悲鳴も。マクロン仏大統領との会談時には、止まらぬ独演会に代表撮影のカメラマンが眠気に襲われたのか、映像がゆっくりと下に傾く場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集