メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対テロ、経済関係で火種 NATO亀裂浮き彫り 首脳会議で実質討議

NATOのストルテンベルグ事務総長=AP

 北大西洋条約機構(NATO)は4日、ロンドン郊外で2日目の首脳会議を開き、実質討議を行った。東西冷戦の終結から30年を経て国際秩序の転換点を迎える中、中国の台頭がもたらす影響も本格的に協議した。ストルテンベルグ事務総長は首脳会議に先立ち、北極圏やNATO東方のバルカン半島、サイバー空間など広い領域で存在感を強める中国に対し、NATOの「弾力性」を高める必要があると強調した。

 ストルテンベルグ氏はまた、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」は、欧州でも港湾や通信など重要インフラの開発で影響力を強めていることを指摘。米国が中国企業排除の圧力をかける次世代高速通信「5G」整備の適格要件なども話し合うと説明した。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです