メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対テロ、経済関係で火種 NATO亀裂浮き彫り 首脳会議で実質討議

NATOのストルテンベルグ事務総長=AP

 北大西洋条約機構(NATO)は4日、ロンドン郊外で2日目の首脳会議を開き、実質討議を行った。東西冷戦の終結から30年を経て国際秩序の転換点を迎える中、中国の台頭がもたらす影響も本格的に協議した。ストルテンベルグ事務総長は首脳会議に先立ち、北極圏やNATO東方のバルカン半島、サイバー空間など広い領域で存在感を強める中国に対し、NATOの「弾力性」を高める必要があると強調した。

 ストルテンベルグ氏はまた、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」は、欧州でも港湾や通信など重要インフラの開発で影響力を強めていることを指摘。米国が中国企業排除の圧力をかける次世代高速通信「5G」整備の適格要件なども話し合うと説明した。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです