メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村哲さん同僚「信じられない、無念」 衝撃にも「事業はやめない」

ペシャワール会現地代表の中村哲さんが銃撃で死亡したのを受け、沈痛な面持ちで記者会見する福元満治・広報担当理事(左)と古川正敏・事務局長=福岡市中央区で2019年12月4日午後5時32分、矢頭智剛撮影

 戦乱と干ばつで荒れたアフガニスタンの地に水を引き、実りの畑に変えてきた日本人医師が、銃弾に倒れた。福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表の中村哲さん(73)。人道支援に力を注ぎ、武力に頼って争う世界に異議を唱え続けた中村さんの突然の悲報に、関係者や家族は言葉を失った。

「正直なところ信じられない。無念だ」。4日午後5時半過ぎ、福岡市中央区のペシャワール会事務局で、同会理事の福元満治さん(71)は、厳しい表情で言葉を絞り出した。その約1時間前、中村さんの死亡情報が飛び込んでいた。

 福元さんは、中村さんと約30年前から苦楽をともにしてきた。戦乱や干ばつの深刻化で苦しむアフガニスタンの人々を救おうと、中村さんは情熱を燃やし続けてきた。「かんがい用水路が必要という理屈は分かるが、それができる人はいない。普通の医師ではできない」と語る。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです