メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

援助団体への襲撃が続発 中村医師、入念な安全対策破られる

用水路工事の指示を出す中村哲さん(右)=アフガニスタン・ジャララバードで2007年12月8日、阿部周一撮影

 アフガニスタンで医療・農業支援に取り組んできた福岡市のNGO「ペシャワール会」の現地代表で医師の中村哲さん(73)が銃撃を受けて死亡した。アフガンでは今年、援助団体を狙った事件が相次いでいた。中村さんは現地政府や住民から深く信頼され、対策も取られていたが、事件は防げなかった。

 銃弾が貫通した窓ガラス、道路に広がる血痕--。ロイター通信が配信した複数の写真には、襲撃事件直後の現場の生々しい様子が写っている。

 中村さんらが乗っていたとみられる白色のピックアップトラックのフロントガラスには3発の銃弾の痕があり、前方左の窓ガラスは完全に割れていた。

この記事は有料記事です。

残り2704文字(全文2978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです