メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イセエビ盗難60キロ 連夜の被害、鍵増やしたのに… 宮崎・青島

倉庫のいけすに沈めていた漁師籠。網の籠の端部分(左)が切られイセエビが取り出されていた=宮崎市の青島漁港で2019年12月3日午後1時53分、塩月由香撮影

 宮崎市の青島漁港周辺で特産のイセエビの盗難が相次いでいる。1日朝までに2晩続けて計約60キロ(約180匹)が倉庫から持ち出された。正月に向け高値がつく時期で打撃は大きく、漁師らは交代で見張るなど眠れない夜が続く。1日に被害届を受けた宮崎県警宮崎南署は窃盗容疑で捜査している。

 被害に遭ったのは宮崎市漁協所属のイセエビ漁師の約半数にあたる約10人。一時保管している漁師共同管理の倉庫から盗まれた。

 漁師らによると、11月30日早朝、漁師が一つの倉庫の扉がバールのようなものでこじ開けられているのに気づいた。中のいけすからイセエビ入りのコンテナ2個(約8キロ)が盗まれていた。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです