メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森リンゴ、黒星病から守れ 農家と障害者が防除でタッグ

黒星病対策に取り組む障害者福祉事務所の利用者らと桜田宏市長(左)=弘前市のリンゴ園で2019年12月3日、藤田晴雄撮影

 農家と障害者が連携して、リンゴの黒星病対策に取り組む青森県弘前市の事業が始まった。3日は、市内のリンゴ園で障害者福祉事業所の利用者らが、リンゴの葉や実の表面に黒い斑点ができる黒星病のまん延を防ぐため、感染源となる落ち葉の処理(耕種的防除)作業を行った。

 この事業は、市が高齢化や人手不足に悩む農家と、就労の場を確保したい障害者福祉施設の橋渡しをすることが狙い。人件費などの一部も補助する。

 この日は、同市高杉の農家、水島定美さん(70)のリンゴ園(68アール)に、依頼を受けた3事業所の利用者12人が集まり、熊手などを使って、園地に落ちた葉をかき集めていた。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです