メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

逃げた土佐犬、狂犬病予防接種されず 飼い主を予防法違反容疑で書類送検へ

大分県警本部=大分市大手町で、田畠広景撮影

[PR]

 大分市久土の鉄工所から土佐犬が逃げ出した騒動があり、この犬が必要な予防接種を受けていなかったとして、大分県警は4日にも飼い主の男性(74)を狂犬病予防法違反の疑いで大分地検に書類送検する。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、土佐犬はメス。男性が鉄工所内で飼っていたが、首輪からフックが外れ、9月18日から6日間、逃げていた。子供がかまれる可能性もあるとして、周囲の学校に注意喚起していた。

 市の保健所が調べたところ、この土佐犬は市に登録の届け出がされておらず、狂犬病の予防接種も受けていなかった。狂犬病予防法では、犬を飼い始めてから30日以内に自治体に登録し、年1回の予防接種が義務付けられていることから、県警は狂犬病予防法違反の疑いで送検する方針を決めた。

 犬の捕獲後、県警は男性を厳重注意。おおいた動物愛護センターも、犬が再び逃げ出さないよう飼い主の男性に対して注意指導をした。男性は既に犬の予防接種をしたという。【河慧琳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  3. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです