メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北日本、5日朝まで大しけ警戒 強い冬型の気圧配置続く

 気象庁本庁=東京都千代田区

[PR]

 北日本で風が強まり、海は大しけになる恐れがあるとして、気象庁は4日、暴風や高波、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、発達中の低気圧がオホーツク海を東進する影響などにより、強い冬型の気圧配置が続く見込み。北日本は、日本海側を中心に4日夜にかけて雪を伴って非常に強い風が吹き、5日明け方まで大しけが続く見通しとなっている。

 5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道23メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。波の高さは北海道、東北で6メートル。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです