メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三陸鉄道「全線不通ではありません」 台風で苦境、企画列車アピール

高校生が待つ津軽石駅のホームに入る列車=岩手県宮古市で

 台風19号の影響で大部分が不通となった第三セクターの三陸鉄道(岩手県宮古市)が、2011年3月の東日本大震災による津波で壊滅的打撃を受けて以来の危機にあえいでいる。三陸鉄道では「釜石と盛の間は通常通りに戻り、洋風こたつ列車などの企画列車も走らせるので、ぜひ足を運んでほしい」と呼びかけている。【米田堅持】

 「台風被害で、動かないというイメージがあるのか、観光客などがさっぱり……」と冨手淳・旅客営業部副部長は頭を抱える。

 台風19号は、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で盛り上がる岩手県釜石市などを直撃。10月13日に釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで開催予定だったカナダ―ナミビア戦が中止になり、盛り上がりを期待した地元に文字通り水を差した。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです