メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知、死亡事故「ワースト脱却」なるか 県警「最多」の12月を警戒

交通取り締まりを前に出発式に臨む警察官ら=愛知県設楽町で2019年11月2日午前10時3分、高井瞳撮影

 交通事故の年間死者数が昨年まで16年連続で全国ワーストの愛知県が、今年は3日現在で最多の千葉県(153人)に次ぐ142人となっており、愛知県警は「ワースト脱却」を目指して警戒を強めている。事故原因の分析や啓発活動、交通取り締まりの強化などが実を結んでいるとみられるが、県警は「12月は事故が最も多発する時期。まだ油断できない」と気を引き締める。

 県警によると、今年1~11月の交通人身事故の発生件数は昨年より3901件少ない2万8067件で、死者数も昨年同期比28人減の142人となっている。全国ワーストは2003年から続き、昨年は前年比11人減で68年ぶりに200人を割ったものの汚名返上はかなわず。自動車保有台数が全国最多であることや、道路面積が北海道に次いで2番目に広く、高速走行につながりやすいことなどが背景にある。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです