メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教員の働き方改革法案が成立 残業分を夏休みに取得 野党は「非現実的」

国会議事堂=東京都千代田区で2019年5月1日、川田雅浩撮影

 公立校教員の働き方改革の一環で、勤務時間を年単位で調整する変形労働時間制の導入を柱とする改正教職員給与特別措置法(給特法)が4日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。2021年度から繁忙期に勤務時間を延ばし、延長分の勤務時間を児童・生徒の夏休みなどの間に休日としてまとめ取りすることが自治体の判断で可能になる。残業の上限を月45時間、年360時間とする文部科学省の指針も法的に位置づけた。

 各学校は教員の意見を聞き、変形労働時間制を導入するかどうかを決めて教育委員会に伝える。教委は学校ごとの方針をまとめ、これを受けて、都道府県、政令市が条例で変形労働時間制の具体的な内容を定める。制度の運用は市町村規則や教育長決定などによって学校ごとに行うが、妊娠や介護などの配慮すべき理由のある教員については個別に対応する。文部科学省は22年度に教員勤務実態調査を実施し、働き方改革の進捗(しんちょく…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 王室改革誓うプレート撤去、実行者不明 バンコク王宮前広場 反政府集会で設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです