メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市が小学校給食を月600円値上げ 物価上昇「工夫も限界」

名古屋市役所=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

 名古屋市教育委員会は4日、市立小学校の給食費を来年4月から月額で600円値上げし、4400円に改定する方針を明らかにした。10月現在の全国の政令市の平均月額は4383円で、名古屋市は最も低いという。複数種類の献立から好きなものを選ぶ「スクールランチ」制度をとる中学校でも、1食当たり40円値上げして320円とする。値上げは11年ぶり。

 4日の市議会教育子ども委員会で報告された。市は、前回給食費を値上げした2009年に比べて物価が上昇する中、献立を工夫して食材費を抑えることで値上げをせずに対応してきたが、市教委学校保健課は「工夫も限界に来ている」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです