琵琶湖博物館のバイカルアザラシ「マリ」死ぬ 妊娠で腎不全か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀県立琵琶湖博物館で飼育されていたバイカルアザラシの「マリ」=同館提供
滋賀県立琵琶湖博物館で飼育されていたバイカルアザラシの「マリ」=同館提供

 滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)は4日、人気のバイカルアザラシ「マリ」(雌、16歳)が3日に死んだと発表した。2カ月前に妊娠が確認され、死産や流産が多い種で妊娠がうまくいかないことも多く、慎重に経過を観察していた。同館のバイカルアザラシは、マリのパートナー「バイ」(雄、16歳)のみとなる。

 バイカルアザラシはロシア・バイカル湖の固有種で世界で唯一、淡水のみで生息するアザラシとして知られる。マリは20…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集