メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コースは継続協議、計測阻む雪 宿舎確保も難題 五輪マラソン札幌移転

 札幌市に会場が移された東京五輪のマラソンは発着点や日程こそ決まったが、コースは継続協議となり、開幕まで8カ月を切っても「出発点」に立てなかった。一般にコース整備は1年以上かかるとされる。宿泊先やボランティアの確保、移転に伴う費用負担などの課題も山積している。

 マラソンのコース設定は公認の計測員が自転車に乗って42・195キロを測るが、4日の札幌の積雪は10センチ。降雪期の計測作業は現実的ではなく、計測が来春にずれ込む可能性がある。秋元克広・札幌市長はマラソンコースが1周目しか決まらなかったことに「基本的なコース設定は見え…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです