メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『黄金列車』『エネルギーの愉快な発明史』ほか

今週の新刊

◆『黄金列車』佐藤亜紀・著(角川書店/税別1800円)

 2年前に刊行された『スウィングしなけりゃ意味がない』では、ナチスドイツ政権下でジャズを演奏する少年たちを描いた。そして佐藤亜紀はふたたび、同じ時代の人間を別の角度から掘り下げる。

 『黄金列車』は、第二次大戦末期のハンガリーで大蔵省文官を務めるバログが主人公。ユダヤ人から没収した大量の財宝があり、彼はそれを列車で運搬する命を受けた。迫るロシア軍、米軍の空爆、そしてお宝を狙う闇物資業者、浮浪児グループなど、ハイエナどもをかいくぐっての5日間が描かれる。

 同時に、妻を失った悲しみ、酷い目にさらされたユダヤ人親友との苦い過去がフラッシュバックしていく。せつないぞ、バログ。彼に寄り添う有能な女性部下、ナプコリが魅力的。バログと関係を持ちながらクールで、地獄行きの黄金列車に同乗する。

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです