メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ボルシアMG、首位快走支えるMFクラマーと2023年まで契約延長

情報提供:サッカーキング

クラマー(中央)がボルシアMGと契約延長 [写真]=Bongarts/Getty Images
 ボルシアMGは3日、ドイツ代表MFクリストフ・クラマーとの契約を2023年まで延長したことをクラブ公式サイトで発表した。

 現在28歳のクラマーは、レヴァークーゼンの下部組織出身で、2013年夏から2015年夏まで2年間のレンタル移籍でボルシアMGに加入。その間、ドイツ代表の一員として2014年のブラジル・ワールドカップ優勝に貢献した。2015-16シーズンはレヴァークーゼンでプレーしたが、2016年夏に完全移籍でボルシアMGに復帰。主力として活躍し、今シーズンはこれまでブンデスリーガ10試合に出場して、首位快走に貢献している。

 マックス・エベールSD(スポーツ・ディレクター)は「クリストフはこの数年でチームの主力選手となった。ロッカールームではサッカー選手としてだけではなく、意見を持つ一人として、彼はチームで非常に重要な存在となった。彼の契約を延長できて嬉しいよ」とコメントした。

 現在首位のボルシアMGは、7日に行われるブンデスリーガ第14節で4位のバイエルンをホームに迎える。

【関連記事】
「きっと大丈夫だから」…宮市亮を支えるイ・チョンヨンとの“兄弟”の絆
「ウシダさん」「ムトウ」「オカザキ」…バイエルンの守護神が語った日本人選手との思い出
ポルトガル、フランス、ドイツの“死の組”誕生!…EURO2020の組み合わせ決定
ヘンク、伊東純也を完全移籍で獲得へ…買い取りオプション行使か
実はあの選手も双子!? サッカー界の“ツインズ”プレーヤーたち

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです