メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後のSOS、機会奪う 「ネタ」で虚偽のセクハラ、ネットで告発 性暴力の2次被害助長 トークイベント /東京

インターネッ トで署名活動を実施したト沢彩子さん=東京都豊島区で、山本有紀撮影

12日にトークイベント

 身近なトピックから性について語る場を設けたり情報を発信したりしている団体「SEX and the LIVE‼」が12日、性暴力の2次被害について豊島区池袋でトークイベントを開く。今夏、芸能事務所の男性代表が所属する女性タレントにソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で虚偽のセクハラ告発をさせ、後に謝罪した騒動がテーマ。同団体は「社会全体の問題として、性被害者へのセカンドレイプ(2次被害)について考えたい」と参加者を募っている。【山本有紀】

 騒動は7月、芸能事務所の代表を務める人気DJグループ「レペゼン地球」のリーダーである「DJ社長」が、新人女性タレントを売り出すプロモーションの一環で、女性に「社長からのパワハラが酷(ひど)く、何度もホテルに誘われています」「断ったらクビにするとも言われた事もあり、さすがにもう限界」などと投稿させたことが発端だった。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです