メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、弁護士会が電話相談 あす、一時金申請方法など /大阪

 旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らに一時金を支給する救済法を巡り、大阪弁護士会は6日、申請手続きに関する電話相談を実施する。本人だけでなく家族や知人からの相談も受け付ける。

 救済法は被害者に一時金320万円を支払うことが柱で、4月に施行された。府によると、府内では約1240件の手術が行われたと…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  3. 投票廃止、任期撤廃の筑波大 「軍事研究ゴーサイン」の学長再任への消えない不信

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです