メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れとろ探訪

地盤沈下と小学校 /大阪

コンクリートの壁に囲まれた小学校の校舎。中央右に見える昔の正門が地盤沈下の激しさを物語っている=1967年12月13日撮影

 大阪市内で大正から昭和の中頃にかけて発生した地盤沈下は、各地で奇妙な光景を見せた。

 写真は現在の大阪市西淀川区西島1にあった川北小学校の様子で、1967(昭和42)年12月22日の毎日新聞大阪本社版の朝刊に掲載された。公害を特集する紙面で、地盤沈下の事例が紹介された。

 「防潮堤沿いの道路に立つと校舎の1階は目の下、2階から上がかろうじて道路より高い。防…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです