メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ながら運転厳罰化 県内一斉取り締まり 県警、幹線道路で17件検挙 /和歌山

一斉取り締まりで違反者を見つけ、無線で伝える和歌山西署の交通課員=和歌山市元寺町5で、木原真希撮影

 運転時の携帯電話使用など、「ながら運転」を厳罰化した改正道路交通法が1日、施行された。県内ではながら運転の違反による検挙件数が昨年7000件を超えて増加傾向で、県警交通指導課の瀬藤演廣次席は「事故につながる恐れが高いため、運転に集中して」と呼びかけている。

 ながら運転による死亡事故などが全国で相次ぎ、罰則強化の声が高まったことを受けて改正した。運転中の通話や画面を注視して交通事故を起こすなどした場合、違反…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです