ぼうさい甲子園 呉・広南中「はばタン賞」 被災経験活かして創作劇 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ぼうさい甲子園で「はばタン賞」を受賞した広南中の(左上から時計回りに)大成優汰さん、松﨑基さん、中野竣介さん、濱元結衣さん、長谷川麗さん=呉市立広南中で、中島昭浩撮影
ぼうさい甲子園で「はばタン賞」を受賞した広南中の(左上から時計回りに)大成優汰さん、松﨑基さん、中野竣介さん、濱元結衣さん、長谷川麗さん=呉市立広南中で、中島昭浩撮影

福山・鞆の浦学園も受賞 小学生「フロンティア賞」に

 優れた防災教育を顕彰する今年度の「ぼうさい甲子園」(毎日新聞社など主催)で、被災経験と教訓から得た優れた試みをたたえる「はばタン賞」に呉市立広南中学校が選ばれた。3年生の全生徒21人が大地震を想定して策定した避難プログラムに基づき、創作劇を制作した点が評価された。福山市立鞆の浦学園の小学生も、初応募の地域・分野で先進的な取り組みを称賛する「フロンティア賞」に輝いた。【中島昭浩】

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1020文字)

あわせて読みたい

注目の特集