メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「在宅就労、広まって」 暮らしに活力、規則的に生活 障害者、期待の声 県がテレワーク支援 今年度 /福岡

エリアミーティングで集まった在宅就労する障害を持つ人たち

環境整備し雇用促進

 通勤が困難な重度障害者らの在宅就労の環境を整備することで障害者雇用を促進しようと県は今年度、職場以外で働くテレワークを活用しようとする企業を支援する事業を実施している。在宅就労で就業機会を得た障害者は「在宅就労がもっと広まってほしい」と話す。【杣谷健太】

 県新雇用開発課によると、県内企業から「どんな業務がテレワークにできるのか。やり方がわからない」といった声があった。そこで、県はテレワークに詳しい企業とともにテレワーク雇用のための業務設計などを支援。4社をモデル企業として広く県内企業にノウハウを伝えていく。

 総務省の「通信利用動向調査」(2018年)によると、企業のテレワークの導入率は19.1%。県新雇用開発課によると、特に九州ではテレワークが進んでいないという。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです