メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

中村医師銃撃死 狙われる援助団体 厳重警護、守り切れず

 アフガニスタンで医療・農業支援に取り組んできた福岡市のNGO「ペシャワール会」の現地代表で医師の中村哲さん(73)が銃撃を受けて死亡した。アフガンでは今年、援助団体を狙った事件が相次いでいた。中村さんは現地政府や住民から深く信頼され、対策も取られていたが、事件は防げなかった。

 銃弾が貫通した窓ガラス、道路に広がる血痕――。ロイター通信が配信した複数の写真には、襲撃事件直後の現場の生々しい様子が写っている。

 中村さんらが乗っていたとみられる白色のピックアップトラックのフロントガラスには3発の銃弾の痕があり、前方左の窓ガラスは完全に割れていた。

この記事は有料記事です。

残り2424文字(全文2698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです