メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

大学新テストの記述式問題 混迷招いた理念先行=論説委員・永海俊

永海俊・論説委員

 大学入学共通テストを巡る混乱が続いている。導入延期が決まった英語民間試験に続き、国語と数学の記述式問題についても、採点の公平性などに疑問があるとして中止を求める声が学校現場で高まっている。新テストの狙いは従来の知識偏重を改め、思考力や判断力を問うことだが、制度設計に不備があったと言わざるをえない。記述式も導入を見送り、新テストのあり方を議論し直すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです