メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

大学新テストの記述式問題 混迷招いた理念先行=論説委員・永海俊

永海俊・論説委員

 大学入学共通テストを巡る混乱が続いている。導入延期が決まった英語民間試験に続き、国語と数学の記述式問題についても、採点の公平性などに疑問があるとして中止を求める声が学校現場で高まっている。新テストの狙いは従来の知識偏重を改め、思考力や判断力を問うことだが、制度設計に不備があったと言わざるをえない。記述式も導入を見送り、新テストのあり方を議論し直すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです