メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

台湾修学旅行、研究者が支援=赤松美和子 大妻女子大学比較文化学部准教授・SNET台湾共同発起人

赤松美和子 大妻女子大学比較文化学部准教授・SNET台湾共同発起人

 2018年9月に、洪郁如(一橋大学)、山﨑直也(帝京大学)と日本台湾修学旅行支援研究者ネットワーク(SNET台湾)を立ち上げた。SNET台湾は、台湾への修学旅行・研修旅行を実施する学校に、学術的専門性を持つ台湾研究者が、必要な支援を提供するプラットフォームだ。

 全国修学旅行研究協会の統計によれば、17年度の修学旅行対象学年全生徒数は109万5000人、海外修学旅行参加者数は15万6413人で、その約3分の1の5万3940人が台湾に赴いている。台湾修学旅行参加者は全生徒数の約5%であり、多くは公立高校の生徒たちだ。

 各都道府県は、旅行期間や旅費などの修学旅行の実施基準を定めており、公立高校の修学旅行先は限られる。…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです