メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の台頭を協議 NATO、弾力的対応強調

NATO首脳会議に合わせて個別会談したトランプ米大統領(右)とマクロン仏大統領=ロンドンで2019年12月3日、AP

 北大西洋条約機構(NATO)は4日、ロンドン郊外で2日目の首脳会議を開き、実質討議を行った。東西冷戦の終結から30年を経て国際秩序の転換点を迎える中、中国の台頭がもたらす影響も本格的に協議した。ストルテンベルグ事務総長は首脳会議に先立ち、北極圏やNATO東方のバルカン半島、サイバー空間など広い領域で存在感を強める中国に対し、NATOの「弾力性」を高める必要があると強調した。

 ストルテンベルグ氏はまた、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」は、欧州でも港湾や通信など重要インフラの開発で影響力を強めていることを指摘。米国が中国企業排除の圧力をかける次世代高速通信「5G」整備の適格要件なども話し合うと説明した。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです