メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・ブレグジット決戦

/2 選択は宗教超えるか

カトリックの集住地域に掲げられているシン・フェイン党候補のポスター。DUPの候補のポスターは周囲に見当たらない=英領北アイルランドのベルファストで、服部正法撮影

 英領北アイルランドの主要都市ベルファストのベルファスト北選挙区では、事実上の一騎打ちを演じる2候補のポスターが、少し離れた場所に掲げられている。民主統一党(DUP)の現職、ナイジェル・ドッズ候補(61)のポスターが多い通りには、英国旗ユニオンジャックがはためく。一方、シン・フェイン党のジョン・フィヌケーン候補(39)のポスターが並ぶ通りで、その旗を見かけることはなかった。

 北アイルランドの住民はキリスト教のプロテスタント、カトリックの両教徒に二分され、通りや区域ごとに「住み分け」がある。プロテスタントの多くは英本土との一体化を重視し、「ユニオニスト」と呼ばれる。カトリックにはアイルランドへの併合を望む声が強く、彼らは「ナショナリスト」と称される。ユニオニストの右派政党DUPと、ナショナリストの左派政党シン・フェイン党は、それぞれ自分たちのコミュニティー内での選挙運…

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです