メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任天堂、中国で再勝負 「スイッチ」10日発売 スマホゲーム主流、専用機普及狙う

ゲームファンらでにぎわう「ニンテンドースイッチ」の体験会場=東京都江東区の東京ビッグサイトで2017年1月13日、内藤絵美撮影

 任天堂は4日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を中国IT大手騰訊控股(テンセント)を通じて10日から中国で販売すると発表した。任天堂がゲーム機を中国に投入するのは「ニンテンドーDS」シリーズに続き3回目で、米国に匹敵する世界最大級のゲーム販売市場となった中国で、ユーザーの心をつかむことができるか注目が集まる。【鈴木健太、北京・赤間清広】

 希望小売価格は2099元(約3万2000円)。人気ソフト「NewスーパーマリオブラザーズUデラック…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです