メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グーグル共同創業者、退任 親会社取締役には残留 トップの重複「不必要」

 米グーグルの親会社アルファベットは3日、共同創業者のラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO、46)とセルゲイ・ブリン社長(46)がそれぞれ同日付で退任すると発表した。グーグルのスンダー・ピチャイCEO(47)がアルファベットCEOを兼務する。ペイジ、ブリン両氏は取締役にとどまり経営への関与を続ける。

 ペイジ、ブリン両氏は1998年、米スタンフォード大在学中にグーグルを創業。「世界中の情報を整理し、アクセスできて使えるようにすること」…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです