メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪 マラソン、大通公園発着 IOC決定 終盤に競歩と集中開催

 国際オリンピック委員会(IOC)は4日、スイスのローザンヌで理事会を開き、暑さ対策で札幌市に移転された2020年東京五輪のマラソンの発着点を大通公園とする計画を承認した。マラソンと競歩の計5種目を大会終盤の8月6~9日の4日間で集中開催する日程も承認したが、市街地を周回するマラソンコースは継続協議とし、今月中旬までに決める方針。競歩は「札幌駅前通」を南北に折り返すコースに決まった。

 大会組織委員会によると、マラソンコースは1周目を20キロとすることで合意。組織委は全体で2周するコースを提案したが、ワールドアスレチックス(世界陸連)は2周目以降について約7キロのコンパクトなコースを3周することを主張。現地を視察したうえで決定する。最近の五輪や世界選手権のコースは運営の効率化や費用削減、何度も観戦できるよう観客へのサービス向上も踏まえ、周回コースが主流となっている。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです