メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

「ここにいていい」安心感を伝えたい 障害者のグループホームを運営・大橋冴さん

障害者のグループホームを運営する大橋冴さん=山寺香撮影

 4年前に設立した一般社団法人「とまりぎ」は、さいたま市内の4カ所で軽度の知的・発達障害がある若者ら向けのグループホームを運営している。

 この世界に入ったきっかけは、大学時代の児童養護施設でのボランティアだ。軽い障害のある子どもたちが18歳で施設を出た後、社会に適応できずに孤立する姿を何度も目の当たりにし「この子たちの受け皿を作りたい」と決意した。

 ホームでは万引きなどで少年院に入った経験のある若者も受け入れる。幼少期に養育者から十分な愛情を注がれず育った点は、施設出身者と共通するという。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです