メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

南極で捉えた銀河系外素粒子 高エネルギーニュートリノ観測、アイスキューブ

 銀河系の外からのメッセージをどう捉えるか――。12カ国の国際研究チームが、南極の素粒子観測施設「ICE CUBE(アイスキューブ)」で宇宙の謎解きに挑んでいる。高エネルギーニュートリノを観測し、光では見えない宇宙を知る手がかりを得るのが狙いだ。【荒木涼子】

 ●地球から数億光年

 高エネルギーニュートリノは素粒子ニュートリノの一種で、地球から数億光年離れた宇宙で過去に起きた天体活動が発生源として知られる。中には地球が生まれた46億年前より古いものもあると考えられ、観測できれば当時の宇宙についての情報が得られる。

 ニュートリノは、あらゆる物質をすり抜けるため観測が難しく「幽霊粒子」とも呼ばれる。電気を帯びておら…

この記事は有料記事です。

残り1480文字(全文1787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです