メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村医師銃撃死 上皇ご夫妻、活動に関心

 中村哲さんは、上皇ご夫妻と長年の交流があり、一時帰国した今年3月6日にも皇居・御所(現在の吹上仙洞御所)で懇談した。4月には毎日新聞の取材に対し、天皇を退位される上皇さまと上皇后美智子さまについて「私たちの仕事を理解していただいたことは大きな励みとなってきた。これからも見守っていただけるとありがたい」と語っていた。

 中村さんは2004年5月、御所に招かれ、ペシャワール会がアフガニスタンで始めた用水路建設などを説明した。上皇さまからは「人々の暮らしはどうですか」などと尋ねられ、懇談は予定時間を超えた。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです