メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内定辞退率、37社に指導 個人情報保護委、トヨタなど

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)が、就職活動中の学生の「内定辞退率」の予測を企業に販売していた問題で、政府の個人情報保護委員会は4日、トヨタや三菱商事など契約先の37社に対し、個人情報保護法に基づく指導を出した。自社を志望する学生から個人情報を取得する際、内定辞退率の分析に使用することなどを十分周知していなかった。厚生労働省も近く職業安定法違反で行政指導する方針。

 個情委は、リクルートキャリアと親会社のリクルートについても、個人情報保護法違反にあたるとして、是正を求める勧告を出した。8月26日にもキャリア社に勧告を行っており、2度目。キャリア社は、学生本人に十分周知しないままインターネットサイトの閲覧履歴などを使って内定辞退率を算出し、契約先企業に提供していた。2020年に加え、19年の卒業生を対象にしたサービスについても調べた結果、学生本人の同意がないま…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです