特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

災害後に復元したら「公文書」 廃棄後復元したら? 菅氏明言避ける

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見をする菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月4日午前11時24分、大西岳彦撮影
記者会見をする菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月4日午前11時24分、大西岳彦撮影

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で、政府が保存する公文書の電子データをサーバーから削除した後、バックアップ(予備)データから復元した場合の扱いについて、「災害などの後に復元されたものは公文書になる」との見解を示した。ただし廃棄、紛失した文書を復元した場合が公文書にあたるかどうかを問われると「仮定については答えを控える」と明言を避けた。

 菅氏は4日の記者会見で、サーバーから削除されたが外部媒体の予備データに残っている文書について、「公文書ではなく、行政文書ではない」と述べていた。5日は復元された文書が公文書となるのは災害時に限定したが、他のケースでデータが復元された場合も公文書となる可能性を示した。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文484文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集